2015年 7月 の投稿一覧

二重化システムのMTBF 共通要因故障の有無の影響

fs-stop-pb

信頼性向上のためにシステムを二重化した場合、どのぐらい信頼性が上がるでしょうか。機能安全IEC-61508では、共通要因故障の存在のため、共通割合(βファクタ:0.01<β<0.1)の程度しか信頼度が上がらないと示しています。一方日本国内でのシステム二重化の評価では、二重化した場合のMTBFの計算式を用いることが多いです。

ここでは、機能安全で示している共通要因故障の存在の有無が、MTBFの値に与える影響を考えてゆきます。

続きを読む

CQ出版 インターフェース9月号発売

機能安全解説記事(#2回) 好評連載中!

 Interface201509cover架空の恒星間宇宙船を例にもちいて機能安全を気楽に知ってもらおうというのがコンセプトです。

この連載では機能安全IEC-61508の設計開発プロセスに沿って解説を進めます。今回第二回は、安全という言葉とリスクという言葉について解説してゆきます。

CQ出版 インターフェース9月号

 

続きを読む