システムの信頼性全般

「逃げ恥」から学ぶ機能安全

mikuri-hiramasa

※ご注意:本内容にはネタバレが入っています。

逃げ恥、いかがでしたか。ドラマも漫画も当然終わりが来るわけですし、結末に向かってゆくプロセスが物語なのですから、楽しめたならロスがやってくるのはやむをえません。しかし寂しいですね。平匡氏にもう一度会いたいです。そこで機能安全関係者の皆様と、すこしでも逃げ恥を仕事につなげて思い出をつなげ、ロスの緩和を試みたいと思います。

続きを読む

二重化システムのMTBF 共通要因故障の有無の影響

fs-stop-pb

信頼性向上のためにシステムを二重化した場合、どのぐらい信頼性が上がるでしょうか。機能安全IEC-61508では、共通要因故障の存在のため、共通割合(βファクタ:0.01<β<0.1)の程度しか信頼度が上がらないと示しています。一方日本国内でのシステム二重化の評価では、二重化した場合のMTBFの計算式を用いることが多いです。

ここでは、機能安全で示している共通要因故障の存在の有無が、MTBFの値に与える影響を考えてゆきます。

続きを読む

CSL 制御システム研究所について

ミッションクリティカルなシステムの、機能安全やセキュリティのトレーニングから開発試作や量産および長期保守のお手伝いまで、制御システムにまつわる様々なソリューションをご提供いたします。

機能安全をトータルサポート!

csl_intro_001

 

FSM構築のお手伝い/トレーニング・ギャップ分析、
サンプル制作もおまかせください!

csl_intro_002

設備や機械のリスク分析からサポートいたします!

csl_intro_003

 構想設計/System FMEA、HW-FMEDA、SW-HAZOP
システム全体の信頼性向上をサポートします!

csl_intro_004

SIL3システム開発知見を活かし信頼性向上をお手伝いたします。

 機能安全(全般)導入セミナー
 機能安全システム開発導入セミナー
 機能安全システム開発コンサルティング
 FSM確立支援
 リスク分析、構想設計、FMEA支援
 詳細設計支援、FMEDA支援、試作 ほか各種認証プロセス支援

効率の良いIEC-1511プラントリスク分析をお手伝いたします。

 IEC-61511(全般)導入セミナー
 IEC-61511プラントリスクマネージメントコンサルティング
 FMS確立支援、リスク分析(HAZOP)支援

国際規格調査などお気軽にお問い合わせください。

 IEC-62304(医療向け機能安全対応ソフトウェア開発)
 IEC-60730(家庭用機器向け機能安全システム開発)
 IEC-62061(機械保護向け機能安全システム開発)
 IEC-62443ー4 EDSA(産業用装置セキュリティ)

 ISO-31000(リスクマネージメント一般)

 

お問い合わせは、下記お問い合わせフォームにてお願いいたします。

※メールアドレスの入力ミスにご注意ください。

お会社名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認画面は表示されません。上記内容で送信いたします。
よろしければチェックを入れてください。