IACS_security001

今年5月のランサムウェアの感染と発病は世界150か国に及び、それはいわゆるOAパソコンだけではなく、病院や工場のような閉鎖されているはずのネットワークにも広がり、国内でも工場の操業停止が起こりました。プラントや工場の設備のネットワーク、すなわち制御ネットワークのリスクは今後ますます高まってゆきます。制御セキュリティとはどのようなものか、すでに発行されている国際規格IEC-62443の考え方を踏まえ、取り組みのステップを解説します。

本記事は工業技術社月刊「計装」2017年8月号「制御セキュリティ特集」に寄稿した記事に一部追記し、編集部と共著者のご了解のもと掲載しています。掲載記事は本誌をご覧ください。※補足記事あり

続きを読む