2015年 8月 の投稿一覧

CQ出版 インターフェース10月号発売

機能安全解説記事(#3回) 好評連載中!

Interface201510cover架空の恒星間宇宙船を例にもちいて機能安全を気楽に知ってもらおうというのがコンセプトです。

この連載では機能安全IEC-61508の設計開発プロセスに沿って解説を進めます。今回第三回は、ワープ機関のHAZOPを通しリスク分析について解説してゆきます。

CQ出版 インターフェース10月号

 

続きを読む

PFDを求めてみた (シングル構成版)

fs-calculation-1

機能安全規格IEC-61508で登場するPFDは、システムの危険側不動作確率を表します。リスクを軽減するための「万一の為の仕組み」が、「イザ!というときにちゃんと動かないかもしれない確率=PFD」を求め、対策するリスクのレベルに応じて十分な信頼性を持つかを確認することが目的です。ここでは、このPFDの式がどのような背景で求められたのかを見てゆきます。

続きを読む